2010年01月14日

スノーシューツアーのために今日もラッセル

今年は、雪が多いですね。

 おかげで毎日、スノーシューツアーのラッセルにでかけるはめになります。特に今週末は、スノーシューツアー希望者が、女性ばかりなので、男手が足りなさそうなので、少しでもスノーシューしやすいように毎日、道をつくっています。

 湯の丸山・烏帽子山・桟敷山・村上山・鼻曲山などなど。どの山も最低3回くらいはラッセルしています。1回目は、道を造ることに専念し、2回目は道を拡げ、3回目は、道の凸凹を平らにして、さらに登りやすいように工夫しました。

 しかし、それでも容赦なく降り積もる雪で道は隠れてしまいます。
 しかし、隠れてもいいんです。
 1回でもラッセルしたら、ものすごく登りやすくなる。
 そういうものなのですよ。


 ちなみに、これがラッセル前の状態。

09ebo-01.JPG

 で、ラッセルするとこうなります。

09ebo-03.JPG

 画像ではわかりにくいですが、
 雪の高さは、膝から腰くらいです。

 で、これがラッセルしている時の様子。

09ebo-09.JPG

 雪が、腰まである場合は、膝で雪を踏みつけ、
 その後にスノーシューで雪を踏みつけます。

 ちなみにスノーシューがないと、
 雪を大面積で踏みつけられないので、
 前へすすめません。


09ebo-02.JPG


 一見、たいへんそうですが、
 これが心地よい。
 なぜなら、素晴らしい銀世界を独り占めできますから。


09ebo-04.JPG

09ebo-05.JPG

09ebo-06.JPG


どうですか?
素晴らしいでしょ?
これを独り占めできるんです。
いいでしょう。


もちろん他に、人間はいません。
だって、道がないんですから。
私が道を造らないと、誰も入ってこないのですから。

だから、やめられない。
こんな自然を独占できるのだから、
こんな楽しいことはない。



09ebo-07.JPG

09ebo-08.JPG

09ebo-10.JPG


やっぱりスノーシューはいい!


09ebo-11.JPG


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 22:00| スノーシュー入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。