2016年02月03日

浅間隠山スノーシュー登山

 スノーシューを作って浅間隠山に行ってきました。この山は南斜面であるために、真冬でもいい気が少ない場所です。そのために家の宿はスノーシューツアーを今まで1回もやっていませんでした。しかし、直前に大雪が降ったためにスノーシューツアーができるのではないかと、確信し、急遽、この山に登ることにしました。参加メンバーも、かなり体力のある人たちばかりなので大丈夫だと思ったのですね。

 で、現地に着いてみたら凄い雪。

16-1-31-01.JPG

 年末年始にスタッフの土井君がツアーを出していますけれど、その時は、雪はなくて登山靴で午前中に登山をすませ、つつじの湯で昼食を食べていますから、この雪の量には驚かされます。

16-1-31-02.JPG

16-1-31-03.JPG

16-1-31-04.JPG

 しかし、登りはじめは、それほど積もってはなく、せいぜい膝までのレベル。
 50センチもなかったと思います。
 5合目まではたいして体力もつかっていません。

16-1-31-07.JPG

 しかし、それ以降は、最大で80センチ以上のラッセルとなってしまい、お客様には、ちょっと申し訳なかったです。もちろん、他にも大勢の登山客が上っていたのですが、誰も道を知っているわけでもない上に、好んで苦行の先頭を進みたがる人もいませんでしたので、当然のことながら私はラッセルすることになります。私なら、この山は庭みたいなものですから。

16-1-31-05.JPG

16-1-31-06.JPG

16-1-31-08.JPG

16-1-31-09.JPG

16-1-31-10.JPG

16-1-31-11.JPG

16-1-31-12.JPG

16-1-31-13.JPG

16-1-31-14.JPG

16-1-31-15.JPG

16-1-31-16.JPG

16-1-31-17.JPG

 急にゆき深くなるのは、急登がはじまる6号目から8合目まで。
 このへんは風の通り道でトレースも残らないし、
 テープもないので間違え安い場所です。

 気がついたら、後ろに大勢の登山客がゾロゾロ跡をついてきていたので、道を譲ったら、その人たちがみんな間違えてしまったので、また私が先頭をラッセル。この時に雪が腰までつかる苦行に。やはり道を譲らなければよかったです。ルートを間違えて笹藪にはいっていたのです。仕方がないので、稜線の正規のルートまでショートカットしました。で、間違えようがない場所まで誘導してから道を譲りました。私たちは、のんびり景色を楽しみたいのと、そんなに若くないので。

16-1-31-18.JPG

そして頂上に到着。

16-1-31-21.JPG

16-1-31-22.JPG

16-1-31-23.JPG

風なし。
日当たり良好。
眺めが最高。
飯がうまい。

浅間山がすばらしい。

16-1-31-24.JPG

軽井沢方面は、雲海の下。
したがって、晴れているのは嬬恋村方面のみ。
こっちにして正解でした。

16-1-31-25.JPG

鼻曲山も最高。

16-1-31-19.JPG

榛名山も最高。

16-1-31-20.JPG

谷川岳も見える。

16-1-31-27.JPG

草津白根山もいい

16-1-31-26.JPG

16-1-31-30.JPG

16-1-31-28.JPG

16-1-31-29.JPG

 この日は気温が高く雪も大変重かったために、久々に私も本気を出してしまいました。登山時間は、約3時間。豪雪のラッセルにしては、かなり早かったと思います。ちなみに下山には 1時間もかかっていません。

 まぁ苦労して登ったわけですが、その甲斐あって、すばらしい展望と素晴らしい眺めに癒されました。写真をみてください。すごい眺めですよね。この眺めは、金で買えない価値があります。この日は、風もないし、暖かかったし。

 山頂で食べるご飯もとても惜しかったですが、やはりお腹が空きすぎたので、全員宿に帰ってから、うどんを食べました。ちょうど、前日に用意された嫁さんの誕生ケーキが残っていたので、それもみんなで食べましたね。下山後の甘いものは最高ですね。あと、全員汗びっしょりに登ったので、宿でシャワーを浴びてその後に解散。

16-1-31-31.JPG

16-1-31-32.JPG

posted by マネージャー at 09:10| 浅間隠山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。