2017年02月16日

小浅間山スノーシューツアー

 2月12日の日曜日に、久しぶりにお客さん4人を連れて小浅間山にスノーシューハイキングをしてきました。小浅間山は、なだらかで簡単に登れる山の割には、自然が豊かで景色の素晴らしいところです。登山口から一歩入ると道路からいくらも離れていないというのにカモシカやツキノワグマがと歩いていたりします。標高は1,655メートルもあり、頂上からの大展望は、それはもうすごいもので、その辺の百名山よりもよほど雄大です。

IMG_1292.JPG

IMG_1290.JPG

IMG_1296.JPG

IMG_1294.JPG

IMG_1303.JPG

IMG_1305.JPG

IMG_1309.JPG

IMG_1307.JPG

 この山は、私にとってはかなりお気に入りの山です。春から秋にかけては毎日ここで犬の散歩をしているくらいです。なので、この山は私にとって庭先のようなもので、今では目を閉じても登れてしまいます。なので熊には十数回であってますし、カモシカに至っては50%の確率で対面しています。ですから、熊・カモシカ・山鳥・テンなんかは少しも珍しくありません。しょっちゅう出会っているからです。

IMG_1316.JPG

IMG_1318.JPG

IMG_1320.JPG

IMG_1329.JPG

IMG_1334.JPG

IMG_1331.JPG

IMG_1335.JPG

IMG_1341.JPG

IMG_1331.JPG

IMG_1334.JPG

IMG_1335.JPG

 珍しいのは、人間の赤ちゃんや幼児です。赤ちゃんや幼児を連れて登山する人はさすがに少ない。とはいうものの、まったくないという事はなくて、都会から来たであろう幼稚園バスが駐車場に止まっていて、幼稚園の先生が子供たちを連れて小浅間山に登っている姿は何度も見かけました。不思議なことに、それらの幼稚園バスは、地元民のバスではなく都会の幼稚園のバスです。どういうわけか、地元の幼稚園は、小浅間山に園児を連れて登ろうとはしません。こんなに素晴らしい自然があるにもかかわらず、これを活用しようとはしないのです。
 まあそんな事はどうでもいいとして、途中、3歳児をつれたお父さんに出会いました。うちの息子と同じ3月生まれにもかかわらず、マイナス10度の冬山で、しかもかなりの強風の小浅間山に登っていました。すばらしいですね。ちなみに今回のうちの参加者にも冬山どころか、登山そのものに初体験なご夫婦がいましたが、ものすごい健脚ぶりをはっきしていましたね。

IMG_1341.JPG

IMG_1352.JPG

IMG_1348.JPG

IMG_1349.JPG

IMG_1346.JPG

IMG_1353.JPG

IMG_1367.JPG

IMG_1364.JPG

IMG_1370.JPG
posted by マネージャー at 14:30| 小浅間山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。