2017年02月16日

小浅間山スノーシューツアー

 2月12日の日曜日に、久しぶりにお客さん4人を連れて小浅間山にスノーシューハイキングをしてきました。小浅間山は、なだらかで簡単に登れる山の割には、自然が豊かで景色の素晴らしいところです。登山口から一歩入ると道路からいくらも離れていないというのにカモシカやツキノワグマがと歩いていたりします。標高は1,655メートルもあり、頂上からの大展望は、それはもうすごいもので、その辺の百名山よりもよほど雄大です。

IMG_1292.JPG

IMG_1290.JPG

IMG_1296.JPG

IMG_1294.JPG

IMG_1303.JPG

IMG_1305.JPG

IMG_1309.JPG

IMG_1307.JPG

 この山は、私にとってはかなりお気に入りの山です。春から秋にかけては毎日ここで犬の散歩をしているくらいです。なので、この山は私にとって庭先のようなもので、今では目を閉じても登れてしまいます。なので熊には十数回であってますし、カモシカに至っては50%の確率で対面しています。ですから、熊・カモシカ・山鳥・テンなんかは少しも珍しくありません。しょっちゅう出会っているからです。

IMG_1316.JPG

IMG_1318.JPG

IMG_1320.JPG

IMG_1329.JPG

IMG_1334.JPG

IMG_1331.JPG

IMG_1335.JPG

IMG_1341.JPG

IMG_1331.JPG

IMG_1334.JPG

IMG_1335.JPG

 珍しいのは、人間の赤ちゃんや幼児です。赤ちゃんや幼児を連れて登山する人はさすがに少ない。とはいうものの、まったくないという事はなくて、都会から来たであろう幼稚園バスが駐車場に止まっていて、幼稚園の先生が子供たちを連れて小浅間山に登っている姿は何度も見かけました。不思議なことに、それらの幼稚園バスは、地元民のバスではなく都会の幼稚園のバスです。どういうわけか、地元の幼稚園は、小浅間山に園児を連れて登ろうとはしません。こんなに素晴らしい自然があるにもかかわらず、これを活用しようとはしないのです。
 まあそんな事はどうでもいいとして、途中、3歳児をつれたお父さんに出会いました。うちの息子と同じ3月生まれにもかかわらず、マイナス10度の冬山で、しかもかなりの強風の小浅間山に登っていました。すばらしいですね。ちなみに今回のうちの参加者にも冬山どころか、登山そのものに初体験なご夫婦がいましたが、ものすごい健脚ぶりをはっきしていましたね。

IMG_1341.JPG

IMG_1352.JPG

IMG_1348.JPG

IMG_1349.JPG

IMG_1346.JPG

IMG_1353.JPG

IMG_1367.JPG

IMG_1364.JPG

IMG_1370.JPG
posted by マネージャー at 14:30| 小浅間山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

小浅間山スノーシューハイキング

2月22日の小浅間山スノーシューツアー。

雪が降っていたので危険を避けて手軽な小浅間山にしたわけですが、実は、小浅間山はとても素晴らしい山。やりようによっては小浅間山くらい楽しいスノーシューツアーはありません。というのもフィールドサインがいっぱいあるからです。もし雪が降ってなかったら動物たちの足跡がいっぱい残っていたはずです。

15-3-1-1.JPG

15-3-1-2.JPG

15-3-1-3.JPG

15-3-1-4.JPG

15-3-1-5.JPG

15-3-1-6.JPG

15-3-1-7.JPG

15-3-1-8.JPG

15-3-1-9.JPG

15-3-1-10.JPG

15-3-1-11.JPG

頂上までもう少し

15-3-1-13.JPG

15-3-1-14.JPG

帰りはソリで

15-3-1-15.JPG

15-3-1-16.JPG

15-3-1-16.JPG

15-3-1-17.JPG

15-3-1-18.JPG

15-3-1-19.JPG

15-3-1-20.JPG

つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング






posted by マネージャー at 08:58| 小浅間山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

小浅間山スノーシュー

土曜日にツアー希望の御客さんがいたので、
急遽、私がガイドすることになった。
土井君は、おやすみなので。

14-3-8-01.JPG

14-3-8-02.JPG

14-3-8-03.JPG

14-3-8-04.JPG

すごく気持ちの良い人達
おもわず心がなごんでしまう

14-3-8-05.JPG

14-3-8-06.JPG

14-3-8-07.JPG

14-3-8-08.JPG

14-3-8-09.JPG

14-3-8-10.JPG

14-3-8-11.JPG

14-3-8-12.JPG

どうでもいいですけれど、この日の小浅間山は、快晴。最高のコンデションでした。


つづく。

↓ブログ更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング



posted by マネージャー at 09:32| 小浅間山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

小浅間山西峰探検

小浅間山の西峰を探検してきました。

最近の小浅間山は、マナーの悪い御客さんが多いですね。
犬のウンチだらけになってきている。
犬のウンチくらい始末してほしいものです。
願わくば、これ以上、犬連れの人に荒らしてもらいたくない。
他の山にはきてもらいたくない。

assd9-08.JPG


なんと、林道で馬で散歩している人が!
さすがは北軽井沢。

assd9-03.JPG

昔、迷い馬さがしてますの看板があったところだけのことはある。

assd9-04.JPG

これが小浅間山の西峰です。

assd9-06.JPG

assd9-07.JPG

展望がすばらしい。

assd9-05.JPG

こっちは東峰。

assd9-09.JPG

assd9-10.JPG

assd9-11.JPG

assd9-12.JPG

assd9-13.JPG

posted by マネージャー at 20:42| 小浅間山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

小浅間山スノーシューツアー

小浅間山スノーシューツアー報告
この山は、樹がないためにソリで滑るのに最適な山です。


110104-01.JPG

110104-02.JPG

110104-03.JPG

110104-04.JPG

110104-05.JPG

110104-06.JPG



posted by マネージャー at 10:57| 小浅間山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

小浅間山スノーシュー

小浅間山スノーシュー

2011年最初の小浅間スノーシューでした。
今回のメンバー。

110101-40.JPG

林道を抜けると

110101-41.JPG

小浅間山です。
絶景ですね。

110101-42.JPG

これは頂上。

110101-43.JPG

110101-44.JPG

軽井沢プリンススキー場も見えます。

110101-45.JPG

頂上で記念撮影。

110101-46.JPG

さて、大ソリ大会です。

110101-47.JPG

110101-48.JPG

110101-49.JPG

110101-50.JPG

110101-51.JPG

110101-52.JPG

つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 08:05| 小浅間山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

小浅間山スノーシュー

小浅間山スノーシュー

2010年最後のスノーシューつあーでした。
小浅間山に登りました。
仲良し兄弟3人組です。

101229-01.JPG

今回のメンバーです。
女の子が凄い体力の持ち主。
でも、おかあさんに・・・・・。
おにいちゃんは優しくて素敵な人。
とっても仲良しの兄弟で眩しいですね。
お母さんいわく、兄弟が多いと子育てが楽になったそうです。
そうですねえ。みんな仲良しだからねえ。
私には、理想の親子にみえましたね。
大草原の小さな家を思い出しました。

101229-02.JPG

雪が少なくてソリができなくて残念。

101229-03.JPG

つづく

↓ブログの更新を読みたい方は投票を

人気blogランキング




posted by マネージャー at 22:45| 小浅間山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

小浅間山スノーシューツアー

小浅間山スノーシューツアー

10-2-3-06.JPG

 この日は、大雪だったので、小浅間山にスノーシューに行ってきました。小浅間山は、往復3時間くらいで登れる山ですが、スノーシューには不適なのですね。

 理由は、風の通り道であるために、森林限界を超えると雪がありません。つまりスノーシューを装着する理由がないので、スノーシューツアーが成立しにくいんですね。だから、あまりツアーを出してないのです。おまけに風が強い。強すぎて、参加者に小さいお子さんがいると断念せざるをえない。

 というのは、風速1メートルにつき、体感温度は1度さがります。冬の小浅間山では、風速20メートルくらいは、普通に吹きますから、マイナス10度なら、体感温度はマイナス30くらいになって、とてもじゃないが、我慢できる温度ではなくなります。おまけに樹がないので風よけもない。しかし、大雪が降り、風がない場合は、小浅間山くらいスノーシューが楽しめるところはありません。この日は、そういうチャンスだったんですね。

 では、小浅間山のスノーシューツアーの風景を紹介しましょう。
 今回は、3名で登りました。
 写真を撮ってるガイド含めて3名です。

 10-2-3-01.JPG


 これを見てください。
 素晴らしい樹氷です。
 小浅間の林間コースは、樹氷が美しいので有名です。

10-2-3-02.JPG

 みんな我を忘れて写真に夢中ですね。

10-2-3-03.JPG

 山も素晴らしい雪景色。

10-2-3-04.JPG

 でも、頂上付近には、雪が皆無ですね。
 バックに写っているのは浅間山です。

 ここは北軽井沢三大展望(二度上峠・小浅間・浅間牧場)の一つです。
 最高に素晴らしい風景が見えます。
 軽井沢から、広大な北軽井沢草原。
 そして浅間高原。

10-2-3-05.JPG

10-2-3-07.JPG


 実は、私のお気に入りの場所で、週に2回くらい、
 買い物帰りに登っています。
 私の足だと、往復40分くらいですが、
 ツアーでは、3時間かけて、ゆっくり登りますね。

posted by マネージャー at 00:31| 小浅間山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。